シンポジウムの趣旨

気候変動、急速な人口増加、地球規模の問題などにより、クリーンエネルギーと環境に配慮した持続可能な社会の基盤を構築するための革新的な科学技術の開発を目的とした国際的な取り組みが始まっています。具体的には、「未来の地球(Future Earth)」の課題を解決するために、科学者やエンジニアは、エネルギー材料、表面科学、分子およびナノ触媒化学、関連するエネルギーベースの科学技術の開発などの学際的研究を展開しています。

この背景のもと、本国際シンポジウムでは、多くの研究者からの要望である“Future Earth”エネルギー課題に資する新奇なナノ物質・触媒・表面に関する学術交流と討議の場を提供し、国内外の先導的研究者が一同に会し、重要かつ急速に進化する学問領域における最新の研究を発表・討議することを目的とします。

皆様のご参加、ご発表を心よりお待ち申し上げております。
参加登録の申込締切:2017年9月30日(土) 24:00。

本シンポジウムの対象領域

合成、機能、デバイス
  • 新奇なエネルギーナノ物質・触媒・表面
  • グリーンプロセスのための触媒及び界面
  • 燃料電池、バッテリー
  • 電極触媒、光触媒
  • フォトデバイス、応用光学
  • その他関連トピック
方法論と解析法
  • X線分析手法
  • XAFS
  • イメージング及び可視化(CT, X線顕微鏡, 等)
  • X線自由電子レーザー
  • 理論、計算、シミュレーション
  • その他

招待講演

Plenary lecture:
  Kiyotaka Asakura, Hokkaido Univ., Japan
Polarization-dependent Fluorescence XAFS Studies on Fuel Cell Catalysts
  Xinhe Bao, Dalian Inst. Chemical Physics, China
Chainmail for Catalyst — the Role of Penetrating Electron in Catalysis
  Suresh Bhargava, Royal Melbourne Inst. Technology, Australia
3D Catalysis: Catalyst Development and Process Intensification
 Anatoly I. Frenkel, Stony Brook Univ., Brookhaven Nat. Lab., USA
Cutting the Gordian Knots at the Nanoscale by in situ XAFS
  Yoshitaka Okada, Univ. Tokyo, Japan
Advanced Photovoltaics: Challenges Towards 50% Efficiency

Keynote lecture:
  Wendy Flavell, Univ. Manchester, UK
Surface and Interface Chemistry in Next Generation Solar Cells
  Yasuhiro Inada, Ritsumeikan Univ., Japan
Advanced XAFS Techniques for Direct Characterization of Active Species of Catalysts and Batteries
  Carlo Lamberti, Torino Univ., Italy
In situ and Operando XAFS Characterization of Functionalized MOFs
 Mizuki Tada, Nagoya Univ., Japan
Visualization of Heterogeneity of Solid Catalysts
  Jeroen van Bokhoven, ETH, Switzerland
Observing Single Particles: How Supports Affect the Spillover of Hydrogen

Invited lecture:
  Jean-François Guillemoles, CNRS, France
To be announced
  Daisuke Hashizume, Riken, Japan
To be announced
  HONDA, Japan
To be announced
  Akihiro Iiyama, Univ. Yamanashi, Japan
Recent R & D of Fuel Cell Catalysts and Polymer Electrolytes with Superlative, Stable, and Scalable Performance
  Takaya Kubo, Univ. Tokyo, Japan
Colloidal Quantum Dot-based Hybrid Nanomaterials Towards Solution Processed High Efficiency Solar Cells
  Jae Sung Lee, Ulsan National Inst. Science & Technology, Korea
XAFS Studies of Catalysts for CO2-to-Liquid Fuels Conversions
 Florian Meirer, Utrecht Univ., The Netherlands
In-situ and Multi-modal X-ray Microscopy of Heterogeneous Catalysts
  Jin Nakamura, Univ. of Electro-Communications, Japan
To be announced
  Yasumasa Takagi, Inst. Molecular Science, Japan
In-situ Ambient Pressure Hard X-ray Photoelectron Spectroscopic Study of Electrodes of Polymer Electrolyte Fuel Cells
  Masamitsu Takahashi, QST, Japan
Nano-scale Monitoring of the Growth of Semiconductor Photovoltaic Materials Using in situ X-ray Diffraction
  TOYOTA, Japan
To be announced
  Makina Yabashi, RIKEN SPring-8 Center, Japan
Status and Perspective of a Compact X-ray Free Electron Laser Facility SACLA
  Shuhei Yagi, Saitama Univ., Japan
Nanostructured Dilute Nitride Alloys for High-Efficiency Solar Cells
  Hoydoo You, Argonne National Lab., USA
Coherent X-ray Scattering and Imaging of Electrode Interfaces and Nanocrystals

Special lecture:
  Ministry of Economy, Trade and Industry (METI), Japan
To be announced

協賛

応用物理学会、化学工学会、錯体化学会、触媒学会、電気化学会、電子情報通信学会、ナノ学会、日本化学会、日本表面科学会、日本物理学会、日本放射光学会、日本XAFS研究会、分子科学会

後援 (依頼予定)

文部科学省、経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構

会場

〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電気通信大学 B棟

組織委員会

組織委員
名誉委員長:福田 喬(電気通信大学長)、 委員長:岩澤 康裕(電気通信大学); 朝倉 清高(北海道大学)、 阿尻 雅文(東北大学)、 雨宮 慶幸(東京大学)、 安藤 晴彦(経済産業省/電気通信大学)、 飯山 明裕(山梨大学)、 石川 哲也(理化学研究所 放射光科学総合研究センター)、 石田 尚行(電気通信大学)、 稲葉 稔(同志社大学)、 今井 英人((株)日産アーク)、 魚崎 浩平(物質・材料研究機構)、 宇留賀 朋哉((公財)高輝度光科学研究センター/電気通信大学)、 江口 浩一(京都大学)、 大岩 烈(シエンタ オミクロン(株))、 太田 健一郎(横浜国立大学)、 太田 俊明(立命館大学)、 大仲 英巳(技術研究組合FC-Cubic)、 大平 英二(新エネルギー・産業技術総合開発機構)、 金坂 浩行(電気通信大学/技術研究組合FC-Cubic)、 喜多 隆(神戸大学)、 木村 正雄(高エネルギー加速器研究機構)、 サンデュ アダーシュ(電気通信大学)、 高田 昌樹(東北大学)、 高野 純((株)本田技術研究所)、 唯 美津木(名古屋大学)、 田渕 雅夫(名古屋大学)、 田中 勝己(電気通信大学)、 田中 良太郎((公財)高輝度光科学研究センター)、 田村 元紀(電気通信大学)、 田 旺帝(国際基督教大学)、 寺野 稔(北陸先端大学院大学)、 佃 達哉(東京大学)、 堂前 和彦((株)豊田中央研究所)、 中嶋 信生(電気通信大学)、 中野 和司(電気通信大学)、 野々村 欽造((一社)目黒会)、 野村 昌治(高エネルギー加速器研究機構)、 原 賢二(東京工科大学)、 藤田 照典(三井化学(株))、 三橋 渉(電気通信大学)、 村松 淳司(東北大学)、 安井 正憲(電気通信大学)、 山北 佳宏(電気通信大学)、 山口 浩一(電気通信大学)、 山田 耕太(AGC旭硝子)、 横山 利彦(分子科学研究所)、 吉武 優((一社)燃料電池開発情報センター)、 吉松 勇(電気通信大学)、 米田 仁紀(電気通信大学)、 渡辺 政廣(山梨大学)

プログラム

基調講演、招待講演、一般講演、ポスター

アブストラクト(1ページ)

申込期間: 2017年5月1日(月)~ 6月30日(金)

参加登録

申込期間: 2017年5月1日(月)~ 9月30日(土)
20,000円 (学生3,000円)

バンケット(交流会)

2017年10月29日(日)開催
7,000円 (学生7,000円)